小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

官能小説『アカシアの血』を書きました。

a0013420_2319539.jpg ただ今発売中の官能小説誌『悦』に、初めての官能小説『アカシアの血』が掲載されています。ぜひ読んでみてください。

 怪談は「死」、官能は「生」を根っこにもっていることを思うと、このふたつのからみ合いが面白くないはずはなく。恐怖とエロスの世界、まだまだ書きたいことたくさんです。
[PR]
by etsu_okabe | 2010-09-20 23:25 | 小説作品