小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

怪談を、朗読と落語とフリージャズで召し上がれ。【8月18日(木)怪談ナイト@荻窪ベルベットサン】

 来たる8月18日(木)、荻窪ベルベットサンにて催される【怪談ナイト】に出演いたします。

 今回は、朗読と落語とフリージャズで怪談をやるという、なんとも面白い試み。
 フリージャズは、スガダイロー(pf)+斉藤良(Dr)という秘宝感コンビ。ピアノとドラムで怪談を語るって!? きっとクールな音の洪水で、ぞくぞくさせてくださることでしょう。
 落語は大家主水(落語)+栗田妙子(p)というコンビ。落語とピアノ! わたくし、お二人とも今回初めてお会いするので、どんなものがみられるのか、今から楽しみです! 

 そして、わたしがやるのは自作の怪談朗読。前回同様、シンガー&朗読家であるアナベルさんと、コントラバス奏者の東保光さんとの3人で、大人のジットリ怪談を演じます。
 タイトルは『アブレバチ』。拙著『枯骨の恋』収録の『アブレバチ』とは別ものの、書きおろしです。官能文芸誌『悦』に寄稿した『アカヘビ』という官能短篇と、掌編怪談集『てのひら怪談』収録の『折り指』という掌編をベースにして、朗読怪談作品として全編書き直し、エロス要素満載の妖艶怪奇譚に仕上げました。

 またこの日、主催のヴィヴィアン佐藤さんのキャンドルデコレーションで店内が飾られる模様。荻窪が恐怖と怪奇に包まれそうです。
 猛暑の夜、心の底から体の芯からひんやりできる怪談を、朗読と落語とフリージャズで、おひとつ召し上がってはいかがでしょうか。

↓↓↓1:15:00過ぎくらいからが、わたしたちの朗読です。↓↓↓


Video streaming by Ustream

[PR]
by etsu_okabe | 2011-08-12 11:52 | 小説関連の活動など