小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

陽気に明けたよ2005年!

 帰郷しないでずっと東京にいたくせに、今日まで自宅アパートに戻らず別宅(母の東京仮住まい宅)で呑んで食って胃痛起こして(バカです)寝てモノポリーで騒いでまた呑んでと、正月を堪能。
 a0013420_231667.jpg暮れから三が日までの5日間に家族4人(わたし、母、妹、その夫)で空けた瓶は、赤ワイン3本、白ワイン2本、日本酒(憧れの活性にごり酒)一升、スコッチ(マッカラン)1/4本。モノポリーのルールは最後まで把握できず。初夢はこれっぽっちも思い出せず。
 いや〜豪儀。幸せなこと。(ビールは勘定に入れてません)

 本日やっと一人に戻り、まずは今年の“読み初め”を求めてリブロへ。町田康『パンク侍』と天秤にかけて勝ったのは野坂昭如『エロ事師たち』。わたしの中でこの二人は同じ括り。
 帰宅途中、小腹が空いたのでデニーズへ。早速ページを開き、ニヤニヤ顔でBLTサンドを食す。あまりの面白さにあっと言う間の3時間。喫煙席がなく禁煙席だったのに、全く気にならず煙草を忘れて読みふけった。ここ最近、こんなに集中したことがあったろうか。

 a0013420_2317872.jpgとっぷり日が暮れてから、去年のままの自室に久し振りに帰宅。さあ次は“聴き初め”だと封を切ったのは、義弟からもらったちょっと遅いクリスマスプレゼント『ART BLAKEY AND THE JAZZ MESSENGERS / MORNIN'』。新年一発目にドカーンと陽気なドラムのリズムとは、なんと素敵なチョイス!
 気分、晴れ晴れ! とっても気持ちのいい年明けだ。

 一昨年、昨年と、2年続けてあまりいいとは言えない年が続いた。昨年のできごとで忘れられないのは、見ず知らずの女性を平手で殴り続ける夢を見たことだ。溜まった鬱憤を自覚しつつ、それをどこにも発散させられない状況だった。まあ、そういう巡り合わせの年もあるだろう。
 今年は絶対にそこから抜け出して見せる。鬱憤なんてドカーンと大空に打ち上げて大爆発させてやる。
 そんな上向き気分の常習女、今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by etsu_okabe | 2005-01-03 23:23 | 日々のこと/エッセー