小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

嫉妬心

 前記事に続いて、二十歳頃の苦い思い出話から。

 女友達がわたしのバンド仲間の一人と仲良くなったことに、妬きもちをやいたことがある。別にその男の子を好きだったわけではない。ただ、友達がわたしを“差し置いて”メンバーと仲良くすることが、腹立たしくて仕方なかった。知らず知らず『バンド仲間はわたしのもの』と思っていたのだろう。若かったとは言え、まったく傲慢な話だ。
 その後、彼女が彼を追いかけて家出をする際、親に「えっちゃんと一緒に出かける」と嘘をついたことでわたしたちは決裂してしまったのだが(青春ぽいな〜)、本当の決裂の理由はわたしの嫉妬心だったと、今では思う。

 下らない自分の嫉妬心がたくさんの大事なものをぶっ壊したことに、わたしはすぐに気がついた。そのバカバカしさに呆れ返った。恥ずかしさに身悶えし、自分が大嫌いになった。
 それ以来、この手の嫉妬は一切しなくなった。我慢しているわけではなく、本当に嫉妬心が湧いてこない。いや、正直に言うと嫉妬心自体はあるのだが、それをメラメラと燃やすことがなくなった。ちくんと感じて、はいおしまい。そのあとは、なぜかとても気分がいい。
 恋人に対しても同じだ。彼がわたし以外の女の子と仲良くしたり、わたし以外の女性に興味を示したりしても、ちくん、はいおしまい(はっ。もしやそれがいけなかったのか......)。

 前にも書いたことだが、わたしは嫉妬を悪いことだとは思わない。いかにも人間らしい感情だと思うからだ。
 問題は、嫉妬心にかられて起こしてしまう、人の行動だ。スネてヒネてねちっこく報復を企てたり、悲劇の主人公になって同情を求めたり、刃傷沙汰に及んだり、といった破壊的な行動は、何も生み出さない。

 他の人が嫉妬心とどうつき合っているのか、知りたくなった。

---------------------------------------------
<追記>
 決裂した友達から、数年後、年賀状が届いた。わたしの知らない土地でわたしの知らない人と結婚し、母親になっていた。「会いたい」という、懐かしい彼女の丸文字を、何度も何度も読み返したのを覚えている。今もいい友達です。
[PR]
by etsu_okabe | 2005-05-28 21:41 | 日々のこと/エッセー