小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

世界に楽しまれた男、エルヴィス。映画『THIS IS ELVIS』を観て

 映画『THIS IS ELVIS』観賞。

 わたしが物心ついたときのエルヴィスはもう無惨に太っていて、まったく魅力がなくて、袖に縄のれんをつけた派手なおじさん、くらいに思っていたのだが(今にして思えばあれは本物のエルヴィスではなく、モノマネだった)、十八歳のときエルヴィスファンの男の子と友だちになり(のちに恋人になった)、そこから全盛期のエルヴィスを知って、度肝を抜かれた。魂を奪われた。
 特に、買い集めたVHSビデオの中の、68年のテレビショー。
 50年代に一緒にツアーやレコーディングをしていた仲間達と、スタジオ中央に設えたステージに輪になって座り、セッションをするという超カッコいいスペシャル番組で、そこにいるエルヴィスは、ハンサムなアイドルではなく、一人のクールで繊細なミュージシャンだった。
 ステージを取り囲む観客の女の子たちの蕩けた瞳を、そのままわたしもして、何度も観てはうっとりしていたものだ。

 ところで、わたしは『ジャケットの外に出した開襟シャツの襟から伸びる男の首筋』にセクシュアルな魅力を感じるタチなのだが、そのきっかけはエルヴィスの50's ロカビリーファッションだったのだということに、この映画を観て気がついた(馬鹿でかい立ち襟時代のエルヴィスは、だからもう好きじゃない)。
 わたしに往事のエルヴィスを教えてくれた彼は、高校生の頃にはこのファッションをキメて、原宿のホコ天で踊っていた。同じロカビリーでも、全身レザーのガチガチリーゼントというダサいスタイルとは違う。現在のわたしから見ても、かっこよかった。もちろん「首筋」も。
 エルヴィスの歌以外、ロカビリーという音楽そのものにはまったく心を揺さぶられなかったが、あのメンズファッションは好きだった。のちに渡瀬恒彦や根津甚八のファンになったのもその「首筋」だ。彼らがヤクザやチンピラ役で着ていたあのジャケット+開襟シャツのファッションは、50'sの流れをくんだものなのだろうか。

 話をエルヴィスに戻す。
 映画では語られていなかったが、エルヴィスは14歳で見初めたプリシラを、16歳で結婚する頃にはすっかり自分好みの容姿に変えてしまっていた。髪を真っ黒に染めさせ、平成日本キャバクラ女子もかなわぬほどに大きく盛り上げさせた、南部女のスタイルに。バレエを習わせたのは、ダンサーの体型が好きだったからだと、プリシラのエルヴィズ暴露本に書いてあった覚えがある。
 社会学者宮台真司が『恋愛学』でばっさり斬ったダメ男の中のひとつ、女を自分好みに変えさせようとする男、そのメガトン級ではないか。
 プリシラはのちに、エルヴィスがあてがったダンス講師と恋に落ち、夫から心を離したのではなかったか。さもありなん、と思う。

 ひとつの才能に恵まれた内気で繊細な男が、スターになって世界中から愛され、非難され、あらゆるものを手に入れながら、何かを間違え、それ故に最も愛するものを失っていく。間違えを修正する間も与えられず、しまいに自身さえ失いそうになっても、スポットライトの下にその腐りかけた体を晒し続ける。
 歓声にも嘲笑にも手を振って笑顔を返し続けた挙げ句、死後でさえその人生を売り物にされ、消費され続ける。求められれば求められただけ応え続けなければならない、そんなスターの宿命を、冷たく記録した映画だった。
 エルヴィスの死の報にグレイスランドに押し寄せ、うなだれ泣き叫ぶファンの群衆の映像を見て、エルヴィスは世界に愛された、とはもう言えない気分だ。
 エルヴィスは世界に楽しまれた、のだ(わたしも含めて)。

[PR]
by etsu_okabe | 2014-05-25 13:11 | 映画/芝居のこと