小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

イライラを鎮めるお薬、新発売!

 テレビを見ていて驚いた。「イライラに効く薬」のCMが流れたのだ。すごい。イライラって、薬で治せるのか!
 製薬会社のサイトを見てみると、
<近年、日本社会のストレス度はますます高まりつつあるようで、---中略---弊社消費者調査でも、約7割の方が「イライラ」「気持ちの高ぶり」を週に1回以上感じていることが確認出来ました。---中略---そこで今回「気持ちをおだやかにする内服薬」、『イララック』を発売いたします。イライラを楽にする『イララック』は、4種類の植物由来の生薬エキスを有効成分とし、高ぶった気持ちを落ち着かせる鎮静剤です。>
 とある。いいところに目をつけたものだ。これこそ、現代人が待ち望んでいた最高のドラッグではないか!

 今の世の中、イライラ人間は溢れかえり、根治することはない。なぜなら、イライラは伝染病だからだ。
 たった一人がイライラすれば、その場のほとんどの人が感染する。いやそれだけじゃない。直接会ったり触れたりしないネット上での交流でも、イライラは簡単に感染する。掲示板やチャットなどはイライラの温床だ(先日ついうっかり「○ちゃんねる」にアクセスしちゃって、2分後には発症しました。くわばら、くわばら)。

 イライラが発症する原因は、つきつめると「自分の思いが相手に伝わらない、または報われない」ことだと思う。
 職場では血ヘド吐きながらやった仕事を全く認めてもらえない、家庭では身を削って育てている乳呑み子にぎゃあぎゃあ泣きわめかれる、ネット上では記事を誤読された上に身元の分からぬモノから非難・中傷される......。
 想像しただけで、ああいやだいやだ。
 そこで『イララック』の登場なのだろうが、わたしは薬が嫌いだ。風邪も引きはじめに自家製ニンニクショウガスープと睡眠で撃退する。ここはひとつ、イライラも自力で感染・発症の予防をしたい。

■近くにイライラ人間がいたら。→即刻その場から立ち去る。関われば即、感染しちゃう。
■こちらをイライラさせようとする、悪意ある誹謗中傷を受けたら。→勝手に一人相撲をとってもらう。
■自分の思いが相手に伝わらない状況に陥ったら。→黙る。ムキになって説明などしたって、WindowsマシンにMacOSをインストールするようなものさ。
 それでももしイラッときてしまったら、その足でゴールデン街にでも行って解毒だ! イラッとこなくても行っちゃうけどね!

 ところでこの『イララック』、名前も似ているあの国の上空から、まき散らしたどうだろう。あそこにいる人たちのイライラに比べたら、わたしのイライラなんて“ヘ”でもないわ。
 ああ、鎮めて差し上げたい。
[PR]
by etsu_okabe | 2004-05-17 03:39 | 日々のこと/エッセー