小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

ゲイがタウンを作るわけ

 大人の男性の5人に一人がゲイという街、サンフランシスコ。
 惚れっぽいわたしなど、うかうか恋に落ちていては身が持たない街だ。5回に1回、どうがんばっても適わぬ恋に身悶えするんなんて、しんど過ぎる。

 新宿三丁目に行きつけのバーがある。
 マスターはゲイだ。日本のゲイ・タウン新宿二丁目が隣にあるせいもあるのだろう、常連客にもゲイの人は多い。店の中はときに、5人に一人どころか男性全員がゲイなんてこともある。この店に通うようになってから、わたしにとってゲイは、特殊でも珍しいものでもなくなった。
 先日この店で、客はわたしの他には古くからの常連らしい女性が一人いるだけ、という夜があった。気の置けない雰囲気なのをいいことに、話題はだんだん深いところへ掘り下がっていく。
 入れるモノと入れられるモノを両方持っている男同士の秘め事とは、一体どうなってるのか。ご想像通り、掘った先のゴールはここだ。
 マスターは隠しも飾りもせずに、随分立ち入ったところまでを話してくれた(そんな話をしていても下品にならないところが、この人の人柄だ)。
 彼によると、おねえ言葉を使う「おカマ」と呼ばれるタイプの人でも、セックスになると男、つまり「入れる専門」だという人もいるそうだ。逆に、女性的な色白坊やを恋人にして連れ回している雄々しいマッチョが、二人きりになるといきなり女役、いわゆる「ネコ」に変身する場合もあるんだとか。
 ゲイの性愛は、ものすごく複雑なのだ。ぴったりのパートナーを探し当てるなんて、至難の業ではないか。
 とそこまで考えて、合点がいった。そうか、サンフランシスコにしても新宿二丁目にしても、ゲイが街を作って集まるのは、密度を濃くしてなるたけ効率よく相手を見つけるためなんだ!
 自分は何の恩恵も受けられない“高ゲイ密度”のバーで、そんな当たり前のことにふむふむ感心などしている場合じゃないぞ、わたし。

「ゲイの都」世界一はサンフランシスコ
[PR]
by etsu_okabe | 2006-04-11 01:54 | 日々のこと/エッセー