小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

直木賞受賞作、100円。

 今ごろ桐野夏生「柔らかな頬」を読んだ。いつかいつかと思いながら未読だったのは、わたしが買い物の関しては<出逢い派>で、いくら書評や話題に上った本でも、書店でハッとする邂逅がなければなかなか購入しないヒネクレモノだから。CDの「ジャケ写買い」のようなモノですね。負けっぱなしのバクチ打ち。
 で、今さら「柔らかな頬」にどこで出逢ったかというと、ブックオフ。ハードカバーがなんと100円だった。100円。たったの。
 ブックオフの料金設定基準が「ブツの保存状態」であるということは、吉祥寺店がオープンして間もなく身を持って知った。とても本好きとは思えぬひよっこアルバイトに「早さが命」とばかりバッサバッサとつけられた値は、村上龍も吉行淳之介もどこの馬のホネとも知れぬライターの実用書もミソもクソも一緒くたで、あっけにとられたものだ。

 本の価値って、昔はその内容で決まるものだと思っていたけれど、中身のテキストが簡単に「無料(タダ!)」になってしまうインターネット普及の現代においては、「本」という物体の価値でしかなくなってしまったのかもしれない。ひどい世の中になっちまったもんだぜ。
 いや待てよ。
 この本、確かに最初に世に出た時は「1,800円」だったんだ。その値段で買った人が確実にいるんだ。でもって、その人にとって必要でなくなったから、書棚から引っこ抜かれてゴミとして十字に縛られ、玄関の隅に置かれたわけだ。

 てことは、その時点でこの本の価値ってもう「0円」じゃないか。

 それでもただ捨てるのじゃ勿体ないというコスイ根性のおかげで荷馬車に積まれ、こうして場末の女郎屋書店「ブックオフ」まで揺られ揺られて売られてきたのがこの本というわけか......ドナドナド〜ナ......。
 これが別の、プライドを持った古書店であれば、もっと高値をつけてもらえたかもしれないが、ブックオフの遣り手婆は「薄利多売商売繁盛薄利多売商売繁盛」とお題目を唱えながら「100円」シールを貼りつけた。
 そこに、職を失い友を失い男も失った哀れな女が一人、ふらりと立ち寄る。
「いらっしゃいませ〜こんにちはぁ〜」
 この、数秒おきに投げかけられるロボットのような<声かけ>が憎いほど嫌いで、滅多に来ることのない店だったが、日に日に頼りなくなる財布の中身に気弱になり、つい引き込まれてしまったのだ。
 そしてまさかの出逢い。直木賞受賞作、100円。

「柔らかな頬」の感想文はまた後日、その気になったら。とにかく面白い小説でした。
 この作品と、三浦綾子「氷点」(傑作!)を並べて論評した人っているのだろうか? もしいたら読んでみたい。いそうだ。調べてみよっと。
[PR]
by etsu_okabe | 2004-05-29 15:41 | 日々のこと/エッセー