小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

「モテ男」の「もて」は「もてなし上手」の「もて」

 今年70歳になるミッキー・カーチスさんが36歳の女性を射止めたというワイドショー・ニュースを、ミッキーさんと同い年の母と一緒に、見た。
 人に訊かれればついこの間まで、
「恋愛対象年齢は、25歳から65歳まで」
と答えていたわたしだが、その日から「70歳まで」に拡大。
「一緒に飲んでても自分の話しかしないような若造に較べたら、思い切り楽しませてくれるこんなおじ様の方が、よっぽど素敵で恋愛対象になるわよ」
 訊かれてもいないのに言ったわたしに、母は力強く頷いた。

「若造」と言ったが、会っている間中自慢話しかしない20代や、ただの一度もわたしに問いかけをしてこない30代といったダメな男たちと、たまたま最近たて続けに接する機会があったので、つい出た台詞だ。年齢は関係ない。
 先日会った男の子は、女の子を紹介してくれと言うのでどんなタイプが好きかと尋ねたら、
「俺、向こうから誘ってくんないとダメなんすよ。デートとかも、こっちから誘ったら俺が考えなきゃならないじゃないすか。面倒なんすよね、そういうの。めんどいことは全部相手にやってもらいたい人なんで、俺」
と答えてきた。そこそこイケメンで空気も読めて友達がたくさんいたとしても、こんな男と恋愛をしたいと思う女は、少なくともわたしの周りにはいない。野生の動物だったら、こんなオスは一生交尾できないだろう。
 彼も20代だった。しかし、やはり年齢には関係ないことだと思う。

 ワイドショーを見てあらためて思ったが、男の魅力は「もてなし度」、これに尽きる。そこにいる女性をいかに気持ちよくもてなし、楽しませ、嬉しがらせるか。そのスキルの高さが全てだと言ってもいい。
 会った瞬間に「ナンパ目的」でメールアドレスを渡し、その後すぐに食事に誘ったというミッキー・カーチスさんの、あのちょっと助平そうで愛らしい笑顔をみれば、その高もてなし度ぶりが分かろうというものだ。

 かつて一年近くかけて口説かれ、「ああ、負けた」という感じで落とされたことがある。一年間、会うたびに何かしら褒められ続けて、落ちたのだ。この話をすると、女友達は皆「それ、いい~~~」と、身を捩って羨ましがる。
 相手が親子ほど歳の離れた人だったので、そのスキルを「年の功」だと考えてきたが、では「デートの中身を考えるのメンドイ」とう男の子が60代になったとき、ロマンチックに女の子を喜ばせているだろうかと言うと、全くそんな想像はできない。
 これは年齢というより「世代」の問題なのかもしれない。小説を読み、映画を見、詩を読んで、女をもてなす「男力」をこつこつ磨いてきた世代と、もてなしなど一切縁なく生きてきた世代。
 女をもてなすことを知らない男たちは、50になっても60になっても、大の字にふんぞり返ったまま、ほったらかしの女に臭い靴下を洗わせているような気がしてならない。少なくとも、ロマンスなど望めないだろう。
 いい歳になっても独りでいることの言い訳が始まりそうなので、この辺で。


Excite エキサイト : 芸能ニュース
[PR]
by etsu_okabe | 2008-02-21 22:54 | 日々のこと/エッセー