小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

「枯骨の恋」予約が始まってました!

『枯骨の恋』本日校了。これでわたしの手を離れた。ああ、ドキドキするぅ・・・・・・。

本を作るということは、わたしにとっては何もかも初めてづくし。メディアファクトリーの担当編集者さんには、本当に色々とご面倒をおかけした。このへなちょこ新人に根気強くおつき合いくださり、また手取り足取りご指導くださったこと、心から感謝、感謝だ。

今回の経験で、一冊の本を作るのにはたくさんの人たちの手がかけられているということを、つくづく思い知った。
わたしが書いた作品たちを世に出すために、わたしの知らないところであらゆる知恵がしぼられ、お会いしたこともないたくさんのプロフェッショナルが腕によりをかけてくださっている。
なんという、幸せ。
こうして産み落とされた愛の結晶を、一人でも多くの方に手にとっていただきたい。そのためならもうなんでもする! という気分だ。

じんじん感動しながら帰宅してネットに繋いだら、あらまびっくり、すでにいくつかのオンライン書店で、我が子の予約受付が始まっていた。
嬉しいような怖いような、なんなんだ、この気持ちは。。。

⇒ビーケーワン
⇒Amazon
⇒e-hon
⇒セブンアンドワイ
⇒Yahoo!ブックス

少し前から、ブログの左上に書影を載せている。
初めてこの装幀のラフを見せていただいたのは、まだ全ての作品が完成する以前だった。煮詰まってうんうん唸っていたときこの絵を見て、わたしのテンションが一気に上がったことは、想像に難くないだろう。最後のひとふんばりの燃料になったのは、間違いなくこの絵と装幀だ。
ちなみに、裏側には女の下半身があります。ぜひ書店でお確かめを。
(装幀=坂川栄治さん+田中久子さん(坂川事務所)、イラスト=佐藤正樹さん)
[PR]
by etsu_okabe | 2009-05-15 02:51 | 小説関連の活動など