小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

ギャラリー~国際フォーラム~ライブハウス~神楽坂でしっぽり~結婚式

a0013420_12374543.jpg シルバーウイーク目前の某日、経堂にあるギャラリー「街路樹」、舘野鴻(たてのひろし)さんに会いに行く。
 この日は舘野さんの絵が飾られているだけでなく、彼が教える絵の教室も開かれていて、わたしが友人と訪れたギャラリー閉店間近にも、二人の生徒さんが美しい虫を描いていらした。
 まず感動したのは写真の手書きPOP。
 ここで作品展を開かれている間、「枯骨の恋も置きましょうよ」と言ってくださった舘野さん、なんと本当にわたしの本をご自身の著書(絵本)「しでむし」の横に置いてくださっただけでなく、こんな素敵な一文を添えてくださっていたのだ。
 感激に打ち震えていると、ギャラリーのご主人浅井さんがわたしの酒好きをききつけ、ご自宅からとっときの酒「花巴」を持ってきてくださった。絶品! 絵を見に来たはずが、酒盛りに・・・・・・。

a0013420_12382167.jpg 翌々日、舘野さんにサインをいただいた「しでむし」を抱えて、国際フォーラムへ。9月16日~18日まで開催されていた「イノベーションジャパン2009」に、わが父方の本家「アジアパン」が、群馬大学との共同研究製品「小麦ブランブレッド(ふすまパン)」をひっさげて、参加していたのだ。
 この日は、連日詰めていた従姉のお手伝いのために行ったのだが、これまでじっくり見学したことのなかったガラス館をあれこれ散策してみたりと、手伝いに行ったのか邪魔しに行ったのか・・・・・・。虫好きの従姉にサイン入り「しでむし」をプレゼントして許してもらう。
 せっかくなので、帰りはガード下の渋い焼き鳥屋かなんかでイッパイ、といきたいところだったが、夜は待ちに待った彼らのライブ! 下北沢へすっ飛んで行く。

 リトルキヨシトミニマム!gnk!のワンマン、久方ぶりに前の方で見させてもらった。これだけが自慢の“古いファン”なので、それこそお客が3人しかいないところで歌うキヨシ君(まだ一人でやってた頃のこと)も見てきている身としては、彼らがどんどん大きくなって、たくさんのお客さんを叫ばせ、こぶしを上げさせ、躍らせ、ため息つかせ、笑わせ泣かせしているのを見るのは至福。そんな様子も含めて堪能したくて、いつもは最後列で見ているのだ。
 たまには二人の顔がしっかり見えるのもいいな、などと思いながらジンライムをぐびぐび煽っていると、あれよあれよとフロアは満杯。老若男女(彼らのファンは本当に幅広い!)が、二人の音に酔うさまを、前から眺めさせてもらった。ああ、すごいなあ~。ええいもう一杯飲んじゃえ!
 てなわけで、すすむすすむジンライム。わたしは普段カクテルは滅多に飲まないのだが、ライブハウスではジンライムを頼むクセがある。理由はわからない。RCの「ジンライムのお月さま~♪」の影響だろうか。
 せっかくいい気分で酔ったのに、家に帰ったら仕事・・・・・・しえ~~~。

 翌土曜日、某博物館へ、午前は古文書、午後は江戸期民間信仰の講座を受けにいく。頭、完全に眠っている。まだからだのどこかにジンライムが。
 しかし、日が暮れればネオンが恋し。夜は神楽坂に移動し、名古屋から上京中の友人と飲む。
 しゃぶしゃぶの店だったのだが、季節限定の「蒸ししゃぶ」つーのを頼んでみた。うむ、旨し! なにより日本酒がよろしかったので、そしていつでも刺激的な友人の話が面白すぎて、ついつい長っ尻。4、5時間いたような気がするが、気分よく帰宅。

 いい酒はあとに残らない。を、実感しながら翌日曜日、さわやかに目覚めて、念入りに化粧。
 この日は従妹の結婚式。しかも、披露宴ではわたしが司会を務めるのだ。それもただの司会じゃない。国際結婚なので来賓に外国人が多いため、バイリンガル司会である。
 泣きを入れて花嫁本人に英語台本を書いて送ってもらい、前日にはちょうど帰国中の妹(これも国際結婚)に発音をチェックしてもらうという、ギリギリのドタバタ司会ではあったが、列席の皆さんのご協力と愛でもって、つつがなく(多分)終了。
 近くのホテルでの2次会は、「プチ・いとこ会、親戚会」と化した。
 閉店時間無視、伯母の札幌土産堂々と持ち込み食いなどの暴挙にもかかわらず、ホテルのかたたちの温情で楽しい宴を過ごさせてもらった。ここでは主にワイン。とてもおいしかった。

 当然のことながら、月曜日はぴくりとも動けず。まるで病人のごとく、ふらっと起きてはお粥をすする一日。
 人生初の「シルバーウイーク」、なかなかに酒三昧で、満足満足。花嫁従妹からもらったブーケ、さてご利益はいかに。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-09-24 06:47 | 日々のこと/エッセー