小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

ガンバレ!

 何をするときにも、「別にマジでやってるわけじゃないから」という態度で取り組む人を、わたしは好きになれない。
「マジでやってるわけじゃないから、失敗しても、恥ずかしくも悔しくもないのさ」といった逃げ道を最初から作り、隣で真剣に取り組んでいる人を「お前、こんなことマジにやってんの? 偉いよな、ははは」と見下すことで、自分が優位に立っているつもりでいる。実にカッコ悪い、と思う。

 年をとればとるほど「未熟ゆえ」という言い訳が使えなくなるから、どんどん負けにくくなる。負けそうになったら、何かで体裁を取り繕わなければいたたまれない状況だって、たくさんある。大人になるとは、そういうことだ。
 そんな中で、少しでも傷を浅くするために『最初から真剣に取り組まない』というクッションを抱く。そんな人が、周りにどんどん増えていく。自分の真剣さを、小馬鹿にされることも増えていく。
 くじけそうだ。

 こんなときだから、全身全霊100%「マジで取り組む」人たちの祭典、オリンピックに胸が熱くなるのかもしれない。
 ガンバレ、ガンバレ。
[PR]
by etsu_okabe | 2004-08-23 01:24 | 日々のこと/エッセー