小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

夏のおしまい・高円寺阿波踊り

a0013420_16573311.jpg
 祭りに出くわすと、胸が熱くなってこみあげてくるものがある。その感情の昂りは、大規模な祭りでも、うち(吉祥寺)の近所の小さな祭りでも、全く変わらない。神輿を担ぐ男衆のかけ声と、祭り囃子。とくに太鼓の音にはぐっときてしまう。
 この魂を揺さぶられる感覚は、学習したものとは思えない。身体の細胞が、DNAが、自然に反応している感じだ。祭り囃子の熱狂の中、目を瞑ると、なんだか太古の昔を思い出せそうな気さえしてくるのだ。
a0013420_16574278.jpg
 大昔、きっとわたしたちの毎日は、土を睨んで明け暮れるような生活だっただろう。飢えに怯え、病に怯え、権力に怯えながらの厳しい暮らし。
 しかし年に一度だけ、そんな苦しい時を忘れて狂える晩がある。粗末な着物を脱ぎ、華美に身を飾り、酒や毒キノコを回し飲み、酩酊の先の神に触れようと、踊り、歌い、乱れる、ハレの夜だ。
 焚き木の揺らめく炎に浮かび上がる、半裸の男たちの盛り上がった筋肉。汗に濡れた黒髪をはりつかせた、女たちの桃色のうなじ。興奮の先にあるのは、それこそ燃え上がるようなセックスだったに違いない。
a0013420_16575253.jpg
 そうか、わたしが祭りに興奮するのは、こういう無意識下の発情によるものだったか。困ったものだ。



a0013420_16571534.jpg
 現代、わたしたちは毎日がいつでもお祭り騒ぎだ。
 退屈な仕事をちくちくと8時間こなしたあと、とくにフラストレーションが溜まっているわけじゃなくても、上着を脱いで繁華街へ繰り出せば、そこには酒があり、大音量の音楽があり、どいつもこいつも踊り狂って無理矢理何かを発散している。ぐったりと家に辿りつけば、エアコン、テレビ、パソコンと、スイッチを入れてまたお祭りだ。
 なんだか、発情しにくい。そりゃあセックス・レスにもなるってもんだ。


a0013420_16565883.jpg

 わたしの2004年の夏は、高円寺の阿波踊りで締めくくり。大好きな夏の、おしまい。

 こちらにトラックバックしてます。
[PR]
by etsu_okabe | 2004-08-29 17:13 | 日々のこと/エッセー