「ほっ」と。キャンペーン

小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

恋愛地獄

 最近彼女ができた、という景気のいい話を2件、いずれも30代の男友だちからたて続けに聞かされた。
 いくつになっても、独身の男友だちに恋人ができたり結婚されたりすると、女友だちの場合と違って素直に喜べないダメなわたしだが(なんとなく面白くないんだもの~ブチブチ)、今回のうち1件は、本当に心の底から、へたをすればじんわり涙が浮かんでしまうくらい喜んだ。
 なぜならば、わたしは彼の「暗黒時代」を知っているからだ。

 ここ数年、生活エリアもパターンもまったく違う彼とは、たまたま二年続けて夏の土用に会って鰻を食して以降、その季節になるとどちらともなく連絡をし、近況を報告し合っている。もちろん時間が合えば、会って一緒に鰻を食う(当然お酒つき)。
 そんな、ちょっと遠くから思い合う間柄だからこそ、身近な友だちや同性の友だちには言えない悩みや苦しみも、話すことができたのだろう。
 数年前に聞かされた彼の恋愛地獄は、かなり厳しいものだった。話を聞きながら、かつての自分の地獄と重ねて、もらい泣きしそうになったほどだ。
 わたしは女なので、当事者の頃はあたり構わず泣き喚いたが、男の彼はそこをぐっと堪えている。それがまた痛々しくて、人ってなんでこんな思いしてまで人を好きになってしまうんだろうと、神様を怨んだものだった。

 わたしも44年女をやってきて、まあそれなりの恋愛地獄をいくつか味わった。しんど過ぎて記憶から抹消されているようなのもある。
 一番辛かったのは抹消されているので置いといて、二番目は、言葉にすると珍しくもない、いわゆる「三角関係」だった。わたしと、5歳年下の男と、さらに5歳年下の女性の三つ巴が、あれは何年続いたのだったか。
 わたしの顔にある「しみ」は、そのときストレスで作った吹き出物の痕跡だ。男も二度ほど胃に穴を開けて病院送りとなった。何の非もないのに10歳も年上の女に恋人を奪われたあの女の子は、三人のうちで最も傷つき、最も苦しんだに違いない。
 とにかく、文字通り命を縮めるような恋愛だった。

 終わってみれば、なーんであんなに執着したんだろ。とっとと「いち抜けた~」して、次の恋への旅に出れば良かったのに、と思う。
 まあ、それがなかなかできないからこそ「地獄」なのだが。

 苦しい恋愛地獄を経て、ようやく穴蔵から抜け出したわたしの友だちが掴んだ新しい恋は、どうやらキラキラ光り輝く、天国のようなものらしい。もらったメールも女子高生のそれのように、キラッキラふわっふわしていた(笑)。
 これは、あやからなくては。
 今抱えている重た~~~い案件を片付けたら(ふえーん)、きっと鰻を食べに行こうと約束した。冬の鰻もまた旨かろう。肝の串焼きできゅっと熱燗をやりながら、のろけ話を聞いてやろうじゃないか。


※もう一人の友だちの新しい恋は、セックス目的で家に連れ込んだ女の子とまさにコトの真っ最中、彼女の笑顔を見て落ちてしまったという、色んな意味でショッキングな話だった。ふーむ、わたしもまだまだだなあ……。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-01-26 15:45 | 日々のこと/エッセー

受賞コメント

a0013420_233773.jpg幽・怪談文学賞 第4回の募集が始まりましたね。
「いっちょ書いてみるか!」という方、募集要項が現在発売中の「ダ・ヴィンチ 2009年 02月号」、『幽・怪談通信』に発表されてますよ!

同じページには、わたくしの受賞コメントも掲載されております。タイトルは「魅惑のしばり、怪談」。
受賞作を書いているときの思いなどを書かせていただきました。

さまざまな文芸系懸賞のさまざまな募集要項、これまでいくつ眺めたかしれません。今も読むと、めらっと燃えてきます。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-01-16 23:17 | 小説関連の活動など

傷の物語

a0013420_1824948.jpg 石内都さんという写真家の、写真展に行ってきた。
 知人から「きっと好きだと思うよ」と勧められるまで、名前も存じ上げなかったが、行ってみればなるほど、わたし好みの匂いがぷんと漂う、ざらついたモノクロームの写真がたっくさん。

 中でも惹きこまれたのは、人の「傷」を撮ったシリーズだった。
 日本刀でスパッとやったかのような細長い傷、腿に広がるケロイド、痛々しい手術痕・・・・・・さまざまな傷痕からは、秘められた物語がぞわぞわと迫ってくるようで、圧倒された。


 わたしの体にも、傷がある。
 盲腸の手術痕、遊んでいてケガしたときの縫い痕、料理中に包丁でざっくりやった痕。
 どの傷にも大した事情はないが、それが体に刻印される前後には、それぞれ小さな物語がくっついている。
 もう何十年と経つというのに、たまにそこが疼くとき、そっと手をあてながらその物語を思い出す。

 盲腸は12歳の春だった。わたしにとって生まれて初めての入院なら、3歳年下の妹にとっては生まれて初めての「お見舞い」。嬉しくて嬉しくて、買ったばかりのロングブーツをいそいそ履いてやってきては、わたしの病院食をねだり、大方を食べて帰っていった。
 鼻の下を深く切って麻酔なし(ひ~っ)で縫ったのは、中二。花も恥らう乙女はマスクをかけて通学したが、困ったのが給食の時間。「顔、見せろよー」と意地悪を言う隣の男子をきっと睨みつけてマスクを外し、ハンカチで隠しながら食べた。4年後、その男の子からラブレターをもらって仰天したことまでが、この傷の物語。
 左親指の包丁傷は、父が入院していた2か月間に作った。病院に泊り込んでいる母に代わって、高校一年生のわたしが、毎日朝晩のご飯をこしらえて妹に食べさせていたのだ。父はもうダメなのだということにうすうす気づきながら、まだ中学生の妹にそれを悟られないよう、明るく振舞っていた。自分の部屋があったのに、この期間だけ両親の寝室で寝ていたのも、家の中で「親」的な存在でいようとしていたからだろう。


 傷は醜いものだが、そのうしろにある物語を思って撮影された石内さんの写真は、どれも静謐な美しさをたたえている。傷たちは写真家によって暴かれたのではなく、誇らしく自ら披露されているのだ。
 その堂々とした、凛とした佇まいにわたしはさらに圧倒され、会場の美術館をあとにした。

 興味を持たれた方はぜひ・・・・・・あ、写真展、今日で終わりだった。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-01-11 18:26 | 日々のこと/エッセー

所属

 年の初めの運だめし! ということで毎年引くおみくじだが、今年はまだ。
 初詣は元旦の午後、近所の八幡さまで済ましたが、おみくじ売場(売場っていうの?)の人の列に辟易&寒さと空腹に堪えきれず、たこ焼き屋台に直行してしまった。
 ホカホカのたこ焼きパックを持って家族のいるところへ戻ろうと振り返ったところで、全力疾走する小学生男子に激突され、落としはしなかったものの、ぶつかった拍子に「ぎゅ」とにぎったパックからソースがたら~り・・・・・・お気に入りのダウンコートにべったり~の顛末。

 つまりは「凶」ってこと?

 ということで、物心ついた頃から母に口酸っぱく言われた「調子づくんじゃありません!」を、今年も肝に銘じていきたいと決意した次第。
 あ、あとこれも毎年だけど「酒に飲まれない」もね。多分無理だけど。


 おみくじに限らず、わたしも女子のはしくれとして、占い好きである。
 好きだからって全面的に信じているわけではない、というところがフクザツなのだが、結局のところ、占いをサカナにわいわいきゃあきゃあ女同士で騒ぐのが楽しいのだ。

 占いが好きな理由のひとつとして、自分の所属するカテゴリーが気に入っている、というのがある。例えば……

●占星術=射手座⇒火の星座。放たれた矢が象徴する、束縛大嫌いな自由人。←その通り!!
●干支=辰年⇒十二支のうち、唯一の架空動物。←そのうえデザインカッコイイ!
●九星気学=九紫火星⇒火が象徴する情熱家。活発・陽気。感受性と創造力豊か!←これ、一番のお気に入り♪

※まったく受け入れられないのは、血液型と、細木某の六星占術。ちーーーーっとも当たってない! 好きなもんだけ受け入れる方針なので、血液型でがたがた言うやつ、嫌い!


 さて、先に書いたように、わたしの一番のお気に入りは「九星気学」(占いなどと言うと、これをわたしに教えてくれた友人に怒られてしまう。九星気学は占いではなく、統計学だそうで)。
 とにかく面白いのが、火の星「火星」の所属であるわたしを、生かし育ててくれるのが「木星」だということ(木は火の燃料だからね)と、はたと見渡してみれば、わたしの周りが「木星」の人だらけだということだ。
 九星気学の木星は、「三碧木星」と「四緑木星」の二種なのだが、ま~本当にわたしったら、この星の人たちに囲まれまくっているのだ。

 そもそも、九星気学を教えてくれた最も親しい友人が、四緑木星。
 そして、なんやかやといつも刺激しあっている6人組があるのだが、わたし以外の5人のうち4人が木星!!
 わたしがずーっと応援しているリトルキヨシトミニマム!gnk!の二人とも木星!
 最近(つっても、もう終わってるけど・・・)おつき合いした男性も木星!
 今ちょびっと気になってるあの人やこの人(てへ♪)は・・・・・・どうなのか!?
 
 このブログ、結構身近な友人たちも読んでくれているようなので、そら、調べてごらん遊ばせ!
 自分は何星?⇒http://www7b.biglobe.ne.jp/~kaiun/kyusei/kyuuseishukumeihyou.htm

「うわあああああ! あたし(俺)、木星じゃん!」
 という方は、しっかりわたしの燃料です。ぼんぼん燃やして、ひとつよろしくお願い申し上げますよ。

 ところで、火星(わたし)の苦手は当然、「水」の星。
 そう考えると、確かに「あの人といるといつも負けちゃう」って人、水星(一白水星)の人なんだよな~。これ、ホント。

 概して男は占いを軽んじるが、こういう道具を使って自分の弱点を知っておくというのも、悪くないと思う。
 ・・・・・・ていうか、どうして男って占い嫌いなの???
[PR]
by etsu_okabe | 2009-01-08 03:47 | 日々のこと/エッセー
 お正月の楽しみ、年賀状。

 もう何年も顔を見ていない故郷の友人の、懐かしい文字を追いながら、会ったことのない彼女の子供たちや、見たことのない新築の家の様子などを想像するのは、ちょっと楽しい。

 また、前年に出会った方からいただく初めての年賀状というのも、わくわくする。
 南の島で自然とともにたくましく生活している人が、はみ出しそうな力強い文字を躍らせていたりすると本当に嬉しくなってしまうし、普段は舌鋒鋭い論客が、消え入りそうなか細い文字を書いていたりすると、意外な一面を見たような気がして、これまた嬉しくなってしまう。

 最近は、パソコンとプリンターで制作されたオリジナルの年賀状も増えたが、そこに添えられたこうした手書き文字が、わたしに語りかけてくる言葉はどれもあったかくて、よし、今年もひとつ頑張ってみよー! という気にさせてくれるのです。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-01-02 06:59 | 日々のこと/エッセー