「ほっ」と。キャンペーン

小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いじめの構造

a0013420_17173864.jpg「パワハラネット」を一緒にやっている内藤朝雄さんから、著書「いじめの構造-なぜ人が怪物になるのか」が届く。
締め切りが過ぎたら、じっくり読ませていただこう。

内藤さんは長いこと、いじめのメカニズムについて研究されてきた。
いじめ自殺が起こるたびに、マスコミを舞台に吹き上がるいじめ論(被害者の気が弱すぎるといった精神論や、昔はなかった的な現代病説、家庭のしつけや教師の質の悪化説などなどなど)に違和感を持たれている方は、読めば目からうろこがポロポロ落ちること、間違いない。
まだ読んでもいないくせにと思うだろうが、これまでの内藤さんの本を読めば分かるのだ。
学校内で行われる小さないじめの周りには、そこを囲む地域のいじめがあり、さらにその周りに社会のいじめがある。

たとえば、わたしは内藤さんの本で「いじめ自殺者の家族が地域から受けるいじめ」について知った。
自殺した子供の親が裁判を起こすと、「子供の死で金を稼ごうとしている」「学校に波風を立てられてはうちの子が迷惑する」「子供の自殺もとめられなかった親のくせに」といった誹謗中傷で、地域から逃げ場のないいじめを受けるケースが多いのだそうだ。
他地域で起きたいじめ自殺のニュース報道を見ているだけだったら、きっと「そんないじめをするなんて、なんてひどい加害者だ!」「事件を隠蔽するなんて、なんてひどい学校だ!」「被害者の両親はさぞ悔しいだろう」と思うだろう市井のひとたちが、ひとたび自分の身の回りでそれが起こると、周りを見回し、動向を読み(空気を読み)、どっちの味方をするべきか考える。学校から「学校側に非はない」と説明を受け、近所の人たちが「あの子はいじめられて当然だった。加害者の子達のほうがかわいそうだ」「あそこは親が悪かった」と言っているのを聞けば、それに同調する。異論を唱えて自分や自分の家族に火の粉がかかるリスクは選ばない。選べない。
被害者家族は、いくらマスコミから持ち上げられ、テレビの視聴者から励まされたとしても、身近な地域から排除されたら、もうそこでまともな生活はできない。
こうして「いじめられ損」「死に損」が生まれ、「いじめ得」が生まれる。勝者は明らかに「いじめたほう」だ。
それが見えれば、子供は決していじめをやめないだろう。いじめるほうが勝ち組、ヒーローだもの。

昔ともだちが、子供の幼稚園の送迎には、服装に気を遣うと言っていた。ちょっとでも派手なものを着ていこうものなら、影で何を言われるか分からないというのだ。
わたしはむかっときて、
「あたしなら、革のつなぎ着て真っ赤な口紅つけて、ナナハンで乗りつけてやるね」
と言うと、
「あんたはそれでいいかもしれないけど、そのあと子供はずーっといじめられ続けるんだよ。そう考えたら、できないよ」
と返された。むむ。ちなみにわたしは二輪の免許は持っていない。
小学校の運動会で、父兄が上のシャツをジャージの中に入れるか外に出すかでもめた、などという話も聞いたことがある。そんなささいな決まりごとを破っても、子供に影響するのだそうだ。どひぇ。

いつか、内藤さんのゼミにおじゃましたとき、内藤さんがおっしゃっていた、
「強い人は強いままで、弱い人も弱いままで、それで幸せに暮せる社会が、いい社会だと思う」
という言葉が、ずっと心に残っている。
「自己責任」という、今世の中で最も使い方を間違えられているこの言葉をきくたび、内藤さんの言葉を思い出す。

さて、執筆にもどらねば。。。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-03-22 17:23 | パワハラ
 ブログを更新する心の余裕が今、まったくない。
 なので、こんな記事でお茶を濁す。

 面白いというので、やってみた。「初恋の人からの手紙」
  ⇒http://letter.hanihoh.com/

 これ、流行ってるの? いまさら遅い感じ?
 まあいい、わたしはゆうべ知ってやってみて、大笑いしたあと考え込んでしまった。
 自戒の意味もこめて、ここに残しておこうと思う。


【初恋の人からの手紙】----------------------------------------------------------

えっちゃん、元気?
今でも玉の輿に乗る夢を追いかけていますか?
「私は勝ち組になる」って毎日言っていたえっちゃんをなつかしく思います。

(えつ=言ってたな、確かに・・・・・・。それにしてもこの書き出しのインパクト、勉強になります。)

    <中略>

今思うと、うちらの恋愛ってひどかったなぁと思います(汗)。
あのころおれはわりと嫉妬深くて、男子とよく話すえっちゃんにいつも文句を言っていたけれど、えっちゃんは平気で「だったら女子に頼んでおくから自由に話せばいいでしょ」とおれに言い返していましたね。えっちゃんの言うことはいつも正論すぎて、黙らされたのをよく覚えています。

(えつ=10代~20代前半に交際していた男の子全員からの手紙だ、これ。)

そういえばえっちゃんにとって、おれが初恋の相手だったのかな?
えっちゃんは表情には出さないようにしていたけど、最初のころはやけにガチガチだった印象があります。今ごろ男慣れしたんだろうなぁと思うと少し切ないです。

(えつ=男慣れどころか、それをネタに小説書いてるよ。君もネタにしてるよ、ごめんね)

    <中略>

恋愛を総括して言えば、きっとおれはえっちゃんと付き合うことができてよかったのだと思います。
いつもどこかにいってしまいそうなえっちゃんと付き合って、最終的には自分との戦いだということを学びました。

(えつ=まんまこの台詞、言われたことあるんですけど・・・・・・はっ、もしかしてあなた、A君なの!?)

いろいろ書いたけど、おれはえっちゃんが大好きでした。
これからもえっちゃんらしさを大切に、あと、Gカップになるという夢もそのまま追いかけながら(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

(えつ=んな夢、持ったことないわい!! やっぱA君じゃないな)

P.S. 老人のニオイが好きって言ってましたね。今でもそうですか?
(えつ=す、好きですよ、恋愛ターゲット70歳までですから・・・・・・つーか、なんでそんなことまで知って・・・・・・あなた誰? こ、こわいよーーーー!!)

----------------------------------------------------------


そのあとに出てくる【診断結果】にも、腰を抜かした。

【あなたの恋愛事情を考察】------------------

えっちゃんさんは、よく「付き合った男性がみんな弱っていく」などと感じませんか?
または、長く付き合ううちに「私はあなたの母親じゃない」と言いたくなることはありませんか?
逆に、えっちゃんさん自身が甘える場面というのは少ないのではないでしょうか。

----------------------------------------------------------

「付き合った男性がみんな弱っていく」
 ええ、そのとおりです。ここまでずばっと言われては、もう笑えません。

「私はあなたの母親じゃない」
 毎っ回、毎っ回、言ってます。もう二度といやです。絶対にいやです。
 18、9の頃、「僕はえっちゃんが好きです。なぜなら、僕は<肝っ玉母さん(=京塚昌子!)>みたいな女性がタイプだからです」と、まじで口説かれたことがあります。そっこー振ってやりました。

 あなた、ここ30年くらいわたしのすぐそばにいた誰かでしょ? それがこんなゲーム作ってわたしに仕掛けてきたのでしょ? でなきゃ、こんなに知っているなんておかしいよーっ!
[PR]
by etsu_okabe | 2009-03-14 13:22 | 日々のこと/エッセー