「ほっ」と。キャンペーン

小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0013420_1437544.jpg 今年に入ってから、これまでに使ったことのない神経やらすっかり甘えさせていた筋肉やらを一気に使ったせいで、わたしのあちこちがおそらくオーバーヒートしていたんだと思う。先週土曜日から4日間、ひどい下痢を起こしてダウンしてしまった。
 ただそれだけなら寝込みましたで済むことなのだが、これがもう、わたしにとってとても大事な一日にぶつかったのだからたまらない。
 それは4月26日(日)、エフゲニー・キーシン ピアノリサイタル@サントリーホール。

 あれは昨年末のこと。
 幽・怪談文学賞の受賞の喜びもつかの間、翌年に出してくださるという単行本のために、あと数百枚分の怪談を、たった三か月弱で書かねばならないという重圧におしつぶされそうになりながら、毎日机にかじりついていた日々のことである。
 わたしの机には、iMacG5とノートPCが載っている。小説の執筆もWEBの仕事もノートPCを使い、iMacは音楽を流したりニュースを見たり、休憩に動画サイトを見たりするのに使っている。
 その日もなんとなくYouTubeを見ているうちに、ユンディ・リが弾くリストの「ラ・カンパネラ」に行き当たり、あらためてそのメロディの美しさとテクニックの素晴らしさに感動して、この曲のいろんなピアニストの演奏を浴びるように聴いてみたくなった。
 早速YouTube内を「la Campanella」で検索し、引っかかった動画をがしがし再生リストにぶちこんで集めた20曲ほどを、連続して何時間も聞き続けるということをしていたのだが、その中で、なぜかある一人の演奏家のときだけ、仕事の手を止めて動画に見入ってしまう。
 それが、ロシアが生んだ天才ピアニスト、エフゲニー・キーシンだった。
「ミュージシャンは顔も命」のわたしにとって、彼の容姿は百点満点。しかしもちろんそれだけじゃない。わたしの手を止めさせたのは、その演奏だ。むちゃくちゃ繊細なのに情熱的! 奥の方でちろちろ燃えていた火が次第に空気を孕んで広がり、しまいに一気大炎上~という、おいしいご飯を炊くのにも似たこの技巧(音楽について語る語彙を持たないのですみません)。
 次の瞬間、わたしは「Evgeny Kissin」という再生リストを作った。そこには50本近くの動画がぶちこまれている。もちろんCDも買い集めた。リスト、ショパン、プロコフィエフ、ベートーベン・・・・・・何を弾いても、燃える。どんな曲も燃やし尽くします、この男の子は。
 で、煮詰まってはキーシン君に逃げる日々を送る中で、ふと彼の公式サイトを見てみれば、日本公演が組まれているではないかー! それも4月! ああもうその頃のわたしは、あれやこれやが終わってすっきり晴れ晴れのはず! そうだ、これを励みに頑張ろう!!!!
 eプラスで調べてみれば、すでに残席僅か。ぎりぎりのところでゲットしたチケットだった。ここが取れなきゃ大阪でも名古屋でも行くつもりだった。

 その、そのピアノリサイタルの前日、家から一歩たりとも出られないほどの激しいお祭りが、わたしのお腹の中で突然開催されてしまったのだ。
 日曜日になっても、お祭りは大盛況だった。とても無理だ。でもしかし。このために頑張ったのに。キーシン君、いやジェニー(勝手につけたニックネーム)の演奏姿をひと目見たい~~~。
 意を決し、わたしはシャワーを浴びて家を出た。祭りはまだまだ佳境。駅のたびにトイレへダッシュ。サントリーホールに着いても、まずはトイレ! ロビーでワインやシャンパンを楽しんでる人たちを恨めしく眺めながら入ると、鏡に幽霊のような真っ白い女が・・・・・・・わたしだった。
 しかし、さすがジェニー。前半は脂汗だらだらだったわたしを、後半はすっかり演奏に集中させてくれた。大満足! そしてこれでもかというアンコール。嬉しいやら辛いやらの苦笑いの拍手をしながら、あれ、背中がぞくぞくしてないか? ま、まさか、ね??
 そのまさかが当たり、その晩わたしはみごと発熱。翌日、翌々日と仕事を休み、各方面に大変ご迷惑をおかけしました、すみません!

 今日はもう熱もおさまり、お祭りも無事終了した模様。祭りのあとの、わびしさってとこ(うそ)。

[PR]
by etsu_okabe | 2009-04-29 14:59 | 音・詩のこと
 昨年「幽・怪談文学賞」短篇部門大賞を受賞いたしました、『枯骨の恋』を収めた短篇集の発売が決定しました。

 発売日は、2009年6月5日。実際店頭にはもう少し早く並ぶそうです。6月2日頃だと思います。
 タイトルは受賞作と同じ、『枯骨(ここつ)の恋』です。

 装丁をまだお見せできないのが残念ですが、初めてそれを見たとき、わたしのテンションがズドーンとハイになってしまったくらい、女の孤独と情念がひんやりと表現された、素晴らしい、素っ敵なデザインです。

 わたしの書いたものが、たくさんの人の手にかかってでき上がり、まもなく世に出て行きます。
 本当に、本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 ところで発売日の6月5日は、暦を見ると「芒種」とありました。これは稲や麦などの種まきの日だとか。デビュー単行本が生まれるのに、ぴったりの日ではないですか!!
[PR]
by etsu_okabe | 2009-04-24 12:08 | 小説関連の活動など

ギリギリお花見

a0013420_13461615.jpg 季節の行事が年々ないがしろになっていく中、わたしが唯一毎年欠かさないのは、お花見だ。
 吉祥寺駅ビルロンロンの食品売場でいつもよりちょい豪華な折り詰めのお寿司とワインを調達し、近所の井の頭公園で、池に沈みそうな老桜を眺めながらぐびぐびっとやるのが定番なのだが、今年は少し贅沢をして、屋形船で隅田川の夜桜見物をしようということになった。
 しかし、なんやかやと調整がうまくとれず、結局確保できた時間はこの10日金曜日。船宿に予約を入れると、
「10日は一応、お花見コースの予定です。桜はぎりぎりだと思いますが・・・・・・」
 という返事。
 お願い桜、もうちょっと頑張って~、と祈りつつ迎えた当日、夜を待ちきれずに昼間上野公園に繰り出した時点で、ほぼ葉桜の様を見てがっくり。しかし、はらはら舞い散る桜もまた風情があってよかろうと、夕方には気を取り直し、初めての屋形船にわくわくと乗り込んだ。

 結果として、やはりお花見にはちょっと遅かった。これはまあ、自分が悪いのだからしかたない。それでもこの日が隅田川桜祭りの最終日で、ぎりぎりライトアップの夜桜が見られたのだから、よしとしよう。

 さて初体験の屋形船だが、江戸前の食材をふんだんに使った料理には大満足! 食べきれないほどの天ぷらは、最後にプラスチックパックと紙袋を配ってくれたので、遠慮せずに持ち帰りできた。「これはコースの中では出せないものですが、良かったらどうぞ」と、大きさの揃わない天ぷらまで配ってくれたのは、嬉しいおまけ。
 粋な半纏姿の若いスタッフたちは、きびきびはきはき愛想よく、とても気持ちのいいサービスをしてくれた。

 残念だったのは、船内の照明がとても明るくて、思ったほど夜景が楽しめなかったことと、お酒がおいしくなかったことだ。
 照明は、それこそ提灯の明かりだけだって構わないと思う。地面より下から見上げる東京の夜景というのも乙なので、それをもっと堪能したかった。
 そして、お酒類。
 飲み放題である限り、安酒になってしまうのは仕方ないと思うが、日本酒にしてもワインにしても、安くてもおいしいものはたくさんある。そのへんを、もう少し研究して欲しかった。特に日本酒に関しては、少なくはないだろう外国人観光客に「これが日本酒か、うえー甘どろっ」と思われては、日本人としてとても悲しいので、もう少しグレードを上げるか、もしくは飲み放題でない、いいお酒を単品で用意しておいて欲しい。
 お花見には、多少足が出てもおいしいお酒じゃなくっちゃね!

 というわけで、翌日はリベンジリベンジなどと言いつつふらふらとネオンの下へ。おいしいワインとシングルモルトをいただきました。満足、満足。。。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-04-12 14:06 | 日々のこと/エッセー
a0013420_123797.jpg 幽・怪談文学賞を受賞していながら、まことに恥ずかしい話、わたしはそれほど怪談やホラーを読んでこなかった。これまで書いてきた小説も、男と女がぐちゃぐちゃ絡まるようなものばかりだったから、受賞作を単行本にするためにあと数百枚分も怪談を書かなくてはならないと知ったときには、正直呆然としてしまったほどだ。
 かと言って誰かが代わりに書いてくれるわけもなく。この数か月の間、仕事以外はほとんど家を出ずにうんうん唸っていたところ、『幽』編集長の東雅夫さんが怪談文学指南書を執筆中と知り、本当にもう、すがりつきたいような気持ちで待っていた。
 それが「怪談文芸ハンドブック 愉しく読む、書く、蒐める」である。
 拝読できたのは第一稿を出し終えたあとだったが、この時期これを手にできたということは、わたしにとって大変な幸運だった。それがどれほど大きなことだったかは、写真を見ていただければ分かるだろう。わたしは本を汚すことができないタチ(子供の頃は本をまたいでも叱られた)なので、気になるところには付箋紙を貼るのだが、いやはやこの通りである。

 この本は、わたしのように怪談を書こうという人にとってはこの上ない参考書である。怪談の定義から歴史、先人たちが残した怪談名作の読みどころまで、知りたかったこと、知っておくべきことがぎゅぎゅっと詰まっている。
 そしてまたこの本は、読書好きにとって最高の怪談ガイドブックだ。これ一冊で、何十冊分をお腹に入れられることか! 珠玉の名作から引かれた一節とそれにまつわる話や解説を読んだだけで、ひとつの濃厚な物語をまるっとすっかり堪能したような高揚感に包まれてしまう不思議は、東さんの手腕と怪談文学の奥深さゆえだろう。

 本の中で何度か出てくる佐藤春夫の言葉「文学の極意は怪談である」。この意味がよーく分かった。
 ひと段落したら本を抱えて旅に出る予定なのだが、これでもう持参する本は決まったようなもの。ところで、怪談本を何冊も背負った女に、旅先でのアバンチュールはあるでしょうか?
[PR]
by etsu_okabe | 2009-04-05 03:15 | 小説関連の活動など