小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

a0013420_17114145.jpg 2009年夏の締めは、都内・谷中&新宿の寺巡り。
 まずは谷中へ。目的は『全生庵』の幽霊画展。
 絵画には詳しくないが、伊藤晴雨と月岡芳年の作には感動した。どちらもこれまで目の醒めるような鮮血ドバッ、というような種類の絵しか見たことがなかったので、目の前の幽きモノが同じ作者の手によるというのが面白かった。
 写真は、途中で出くわした谷中霊園を突っ切る子供神輿。みんな、宿題は終わったかな?

a0013420_1413792.jpg 谷中を出ると、新宿へ移動。ここでの目的は、かつての宿場町・内藤新宿の頃からあったお寺を巡ること。
 伊勢丹会館で軽くランチをしてから、新宿三丁目の寄席『末広亭』の脇を通って「新宿二丁目」へ向かう。宿場町の頃には飯盛女(遊女)を抱えた旅籠が並び、戦後には赤線地帯となった地域だ。現在は言わずと知れたゲイ・タウンだが、日中はさすがに閑散としている。
 正受院の奪衣婆(だつえば)象を拝んで、隣の成覚寺へ。
 写真はここにある「子供合埋碑」。「子供」というのは遊女の呼び名で、これは彼女らの共同墓地。つまりここはかつて“投げ込み寺”だった。「年季明け前に病死した遊女は、むしろに簀巻きにされてここに打ち棄てられた」とよく語られるが、本当のところはどうかわからない。
 文字通り体を酷使し、ろくな食事もせず医療も受けずに働いた彼女たちは、恐ろしく短命だったことだろう。死んでも死に切れないほどの恨みを抱えているに違いない女たちの亡骸を抱えているのに、なぜこの土地は今でも栄え続けているのだろう。
 深く頭を垂れて合掌し、日差しの照りつける雑踏に戻る。

a0013420_1743286.jpg 再び新宿二丁目のメインストリートを通って、着いたのは太宗寺。ここも江戸から続く古い寺で、内藤新宿の名の元にもなった高遠藩内藤氏の菩提寺である。
 ここの目玉は、なんといっても「閻魔」と「奪衣婆」の巨像。写真ではその大きさと恐ろしさが伝わらないのが残念。奪衣婆は横にいるので写真には撮れなかった。



a0013420_1752134.jpg こちらは同じく太宗寺にある「塩かけ地蔵」。願掛けをして叶ったら、お礼に塩を盛るんだそう。
 その塩の量すさまじく、よほどのご利益だと慌てて願掛けを試みるも、舐めてみたい衝動に気が散って、結局何も願えずじまい。










a0013420_18112369.jpg 新宿二丁目を離れ、甲州街道を渡って次に訪れたのは、天龍寺。一見新しいお寺に見えるが、そこにある鐘(写真)は、江戸の三大名鐘と言われた、時の鐘。
 関係ないが、この寺の裏手は、小さな素泊まりビジネスホテルの密集地になっていた。どんな人がどういうふうに利用するのか分からないが、薄暗くあやしげな宿ばかりでなく、小奇麗な新しいビルもあった。新宿で終電を逃したら、ここで泊まっていくという方法もあるか、と思うが、どうなんだろう。

a0013420_1825830.jpg 最後は花園神社。かつてこの裏手にあるビルで働いており、すぐ隣のゴールデン街に足げく通っていたこともあって、馴染みの深い場所だ。
 お賽銭をはずんで「またちょっとお世話になります。ひとつよろしく」と挨拶すると、お腹がぐ~~~っ。

 ゴールデン街を突っ切って歌舞伎町『うな鐡』へ。
 うなぎの串焼きを肴に日本酒で、この夏をきりりとしめくくったのでありました。
 ああ、さみしい。一年の半分が夏ならいいのに。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-08-31 18:29 | 日々のこと/エッセー

手書きPOPツール

a0013420_13443886.jpg 手書きPOPをちょちょいと作れるサイトを発見しました。
 さっそく『枯骨の恋』のPOPを作成。おもしろーい♪ (⇒写真)

 他にもお一人、作ってくださっていました。
⇒ホンスミ様が作ってくださった『枯骨の恋』のPOP

 これ、はまっちゃいそうです。レビューは面倒という方も、これなら簡単で楽しめそうでしょう?
 それに、マイページに自分の作成したPOPを一覧表示できるので、利用の仕方によっては、【メモつき既読本一覧】を作成できちゃいます。
 皆さまも遊んでみてはいかがでしょう? で、その際は拙著のPOPもぜひひとつ、よろしくお願いします!
⇒POP it (ポップイット)
[PR]
by etsu_okabe | 2009-08-26 14:03 | 小説関連の活動など

ぶしつけ

【ぶしつけ】
礼を欠くこと。無作法なこと。また、そのさま。無礼。
     -------------------------------------------------------------
 最初は葉書だった。
 差出人は、二十数年前にとある場所で同じ時間を過ごしたことのある人のようだが、名前を聞いてもまったく覚えがない。こっちもそうなのだから、相手も同様なのだろう、「●年に●●●にいらした岡部さんだと思いますが」という書き出しだった。
 年齢が書いてあったので、彼がその場所でどのような立場だったかは分かったが、誰だかは思い出せない。しかし、地元紙を読み、拙著も読んで連絡をくれたその人に、わたしはきちんとお礼の葉書を書いた。中身は本当に、お礼と時候の挨拶だけだ。「あなたに会いたい」などとは、一切書いていない。

 ところがすぐに来た返事に、「上京したら会おう」というようなことが書いてあった。それが、なんともいや~な感じの文面で、素直に「わあ嬉しい、お会いしたいな」、という気にならない。来るもの拒まずのわたしなのに、どうしたことか。んーーー、なんだ、この胸くそ悪い感覚は。
 何度も読み返して、理由が分かった。そこには、「もしよろしければ会いたいのですが、いかがでしょうか?」というような、わたしの都合や気持ちを尋ねる文言が全くなかったのだ。まるでわたしがその人に会いたがっているのが前提のような、あつかましい文章だった。

 変な人だと思いながら返事を出さずに放っておいたら、なんと今度は出版社に電話があり、わたしの電話番号を訊ねてきたという。おいおい、なにごとだ。
 こちらからかけるからわたしの電話番号は教えないでくれと頼み、その人の番号を聞いた。気が重たかったが、そこまでするということは、もしかしたらわたしがうっかり忘れているだけで、実はとんでもなくお世話になった人かもしれない。そう思いなおして、おそるおそる電話をかけてみた。
 するとあきれたことに、相手は通り一遍の挨拶のあと、当時の思い出話もなにもなく、いきなり大声でこうきた。
「電話番号!」
 一瞬、何を言われたのか分からなかった。
「は? なんですか?」
「いやだから、岡部さんの電話番号をね!(威圧するような、でかい声)」
「わたしの、電話番号ですか?」
「そう、今、控えますから。はい(さあ言え、という感じ)」
「あの、どういったわけでわたしの電話番号を・・・・・・」
「上京したら会おうと葉書に書いたでしょう、電話番号を聞いておかないと、連絡できないから」
「へ?」
 さっきも書いたが、ここまでの間、二十数年前の話は一切出ていない。やはりこの人、わたしと共通の思い出などまるっきりないのだ。わたしのことを覚えてもいないのだろう。ただ新聞を見て、ある時期ある場所で同じ時間を過ごしたことがあるというだけで、こんな無礼を働いているのだ。
「・・・・・・あの、すみませんがわたし、あまり人に電話番号はお教えしてないので」
 と大ウソをかますと、電話は切れた。

 実は話しているうち、声と喋り方を聞いていて、はっきりと思い出していた。わたしあの頃、あなたのことが大嫌いだったわ。

 この無礼者は、わたしの親よりもひと世代上の大人で、しかも世の中からは「先生」と呼ばれている人種だ。本当に悔しいが、あっちは今でも女子高生のわたしのことなど微塵も思い出していないだろう。なにしろ女ばっかり、1学年9クラスもあったのだ。
 顔も覚えていない教え子(つーか、多分教わってない)でも、連絡をすれば「先生、先生」と崇めてくれるとでも思ったのだろうか。教師ってなんだよ。

 なんだかとっても暗い気持ちになって、今日は早めに寝ようと化粧を落としたところに、誘いの電話from新宿。これから化粧し直したら、店に到着したところで終電だ。涙を呑んで断った。
 ああ、むしゃくしゃするう~~~~! 
 最近家で飲むのを控えているのだが、今夜は解禁にさせてもらう。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-08-21 00:53 | 日々のこと/エッセー

初体験

 先週、13日(木)のお話。

 朝から岩を背負ったごとく全身が重だるく、ストレッチをしながら一日仕事をして夜、とうとう堪えきれなくなって駆け込んだのは、新宿二丁目にあるわたしのドック、漢方整体院『新宿すみれ堂』
 他のスタッフさんたちはもうお盆休みで、この日は院長の須藤さん(元物書き仲間)が一人で頑張っていらした。そうとも知らず、閉院間際に急な予約を入れた人でなしのわたしを、「いいよいいよ、おいで」と快く迎えてくださった。
 1時間後、凝り固まった体がすっかりほぐれ、ぃやっほ~♪と喜んでいると、
「今日はこれで終わりだから、ちょこっと行く?」
 と、須藤さん。
 前々からの懸案だった「あたしを二丁目飲みに連れてって」を、急遽実行してくださることになったのだ。再び、ぃやっほ~♪

 このトシになっても、まだまだ未体験ゾーンというのはあるもので、今回連れて行っていただいたのは、そのうちのひとつ。そこは……

      “おなべバー”

 到着したのは、すみれ堂から徒歩1分の場所にある「モック」というお店。経営者も店員さんたちも皆、体は女性、心は男性という性同一性障害の方たちだ。
 新宿二丁目のお店には、男性NG、女性NG、一見(いちげん)さんお断りなど、様々なルールがあってなかなか一人で飛び込んでは行けないが、「モック」は誰でもウェルカムのMix Bar。路面店ということもあり、女性一人でもふらっと入れそうな雰囲気だった。

 緊張気味(人見知りなので、馴れるまでに時間がかかるのです)なわたしに一生懸命話しかけてくれるイケメンくんに「可愛いなぁ」と見とれ、ボウズ頭に無精髭、がっちり体型というわたし好みの外見+男っぷりのいいオーナーにクラックラドキッドキしているうちに、あっという間の終電時間。

 なんというか、あたりまえだが彼らは間違いなく男だった。少なくとも、わたしは完全にポ~ッとなっていた。別の意味でも、未体験ゾーンへ足を踏み入れてしまったような気が・・・・・・。

 うおっほん。
 とにもかくにも、訳あってこれからしばらくの間、新宿2丁目界隈を色々な面から掘り下げようとしていた矢先に、こういうお店を知れたことは大収穫だった。

⇒新宿すみれ堂 須藤院長のブログはこちら
[PR]
by etsu_okabe | 2009-08-16 13:32 | 日々のこと/エッセー
a0013420_9114416.jpg 初の絵本「しでむし」を上梓された舘野鴻(たてのひろし)さんの原画展&トークショーに行って来た。かねてより、佐渡ケ島の三節さんから「面白い男がいる。引き合わせたい」と言われていた人だ。

 しでむし=死出虫、別名「埋葬虫」は動物の死体を食べる虫で、繁殖のときも、動物の死体を肉だんごにして土に埋め、その横に卵を産みつけるという方法で、子育てをする。自然界の中では、死体を土に返すという重要な役割を担っている虫。

 と、ちょこっと調べただけでも「しでむし」に興味がわいたし、三節さんから聞いていた「この絵本を作るために、あかねずみを育てることから始めた」という舘野さんの製作エピソードにも強烈に惹かれていて、ぜひお会いしたいと思っていた。

 ギャラリーに着くと、壁にずらりとかかっているのは、見ての通りの細密画。気の遠くなるような細く、細かく、緻密な筆致が、小さくて偉大な命を愛情いっぱいに描いている。その一枚一枚をよおく見ると、遠くからでは分からないようなもっと小さな命(ダニとか!)が描かれていたりと、ところどころにくすりとさせるユーモアもあって、描かれた時間の分だけ、見る側に色んな物語を見せてくれる、そんな絵たちばかり。
 やがて始まったトークショーも、舘野さんの人柄が伝わる大変面白いものだった。こういう仕事を成し遂げた方だからこその、重みのある言葉がたくさん放り投げられていたが、さてどれだけキャッチできただろう。
 いくつか、印象に残った彼の言葉をここに残しておこう。

林の中は、生死がうずまいている
「山にこもってみると、裸の人間ほど弱い者はないと思う。そこで生きている生物たちを尊敬する。だから美しく描きたい」
「ねずみの誕生から書いたのは、しでむしの餌になるねずみにも、人生があったのだということを描きたかったから」
描いているときは、絵と一体になっている。しかし、描き終えたとたん、それは猛スピードで過去のものになる
「虫に触れて、気持ち悪かったり痛かったり、そういうものを感じて、人はもっと恐怖感を知るべきだ

 終わるとすぐに絵本を買い、飛んで行ってお声をかけた。
 サインをもらう間、わたしがざっくりと自己紹介(怪談書いてます、など)をしつつ感想を述べると、またそこで次々に興味を惹く話題を出してくる。頭の回転のいい方なのだ。
「死体から出てくる虫の種類によって、死亡推定時刻が分かったりもするんですよ」
 なにぃ! ああもうちょっと、そこんとこ掘り下げたいんですけども!!!
 というような話が、次々と。

 そういう方の作った絵本「しでむし」。
 大きなドラマはない。しかし、人の心を大きく揺さぶる物語が詰まっている。

   -----------------------------
 帰りにバス停で並んでいると、そこで列を作っている人たちがみんな、草むらを覗いている。
 トークショーにいた人たちだ。
 その気持ちがすっごく分かって、くすくす笑いながら、わたしもそっと草むらを覗いた。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-08-09 19:45 | 日々のこと/エッセー
a0013420_141934100.jpg 知人が出演する「リア王」の舞台を観に行った。

 この物語を初めて読んだのは、小学生のとき。5年生か6年生の国語の教科書だった。クラスで寸劇のような真似をしたのも覚えている。女子はみんな悲劇の末娘、コーデリアを演りたがった。当時は宝塚歌劇団の「ベルサイユのばら」が女子の間で熱狂的な盛り上がりを見せていたので、ヨーロッパのお姫様に対する憧れは、大変なものだったのだ。
 で。実のところ覚えているのはそれだけで、肝心のストーリーはさっぱり忘れてしまっていた。
 客電が落ち、役者が登場して物語が始まると「ああそうそう、そういう話だったっけ」と、ぼやけていた記憶が徐々に蘇ってはきたものの、やはりこの物語の核心については、全く理解していなかったことを知る。
 だいたい、姉二人の財産欲だけでない女としての情念や、老い先短い年寄りのひがみ根性が生み出す愚かな疑念など、今日片想いの男子とどれだけ会話できるかが人生の全てだった小学生に、理解せよというほうが無理な話だ。覚えていない方が正しい。
 それでも、物語のぼんやりした雰囲気だけは忘れさせないというのは、これこそが作者の力量なのかもしれない。

 考えてみると、ハムレットも、真夏の夜の夢も、ヴェニスの商人も、名台詞はぱっと浮かぶのに、「どんな話?」と聞かれると、「えっと~」となる(これでも高校時代は演劇部だったのだが)。わたしにとってシェイクスピアは「うろ覚え大作家」だ。ちゃんと説明できるのは、映画で観た「ロミオとジュリエット」くらいのもの。実はほとんどの人がそうではなかろうかと思っているのだが、どうだろう。

「あらゆる物語の原点がシェイクスピアにある」というようなことを、誰かが言っていたのを思い出した。本当にそうだとしたら、怪談の原点もあるのだろうか。「マクベス」がそれっぽかったような・・・・・・ああこれも、完全にうろ覚えだ。原作を読もう。

 ところで「リア王」の名台詞、
 人間、生まれてくるときに泣くのはな、
 この阿呆どもの舞台に引き出されたのが悲しいからだ。

 を聞いて、「胎児よ胎児なぜ踊る。母親の心がわかって恐ろしいのか(byドグラマグラ)」を思い出したのは、わたしだけでしょうか。。。

a0013420_1427113.jpg←今回、グロスター伯爵という重要な役を熱演した水島さんと、都内某書店にて。あくまでも清い関係の二人。
※いつでも惜しげなくエロスネタを提供してくれる水島さんのお店、新宿三丁目「スナック雑魚寝」もよろしく。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-08-06 15:11 | 映画/芝居のこと

バカに傷つけられたら

a0013420_173383.jpg 人は、人を傷つけながら生きている。
 そのつもりはなくとも、知らぬ間に傷つけている。
 人は人を傷つけて、それを笑える動物だ。
 笑うために、人を傷つける。
 笑わせるために、人を傷つける。
 自分の正しさのために、人の正しさ傷つける。
 自分が傷つく前に、他の誰かを傷つける。
 そして今日も、苦笑いして床に就く。
   (2009年夏 癒えぬ傷を嘗めながら 岡部えつ)

 映画をみそびれていた「ペルセポリス」の原作本を、古本屋でみつけた。
 この漫画は、激動の時代にイランを生きた少女とその家族を描いた、エッセイ的物語だ。作者のマルジャン・サトラピは、わたしと同世代。ほぼ同じ時代を舞台に、同じく少女とその家族を描いた日本のエッセイ漫画「ちびまるこちゃん」と比べれば、その世情の違いに絶句させられる。少女の頃をイケイケドンドンのお祭り時代に生きられたわたしたちは、なんやかや言っても、幸せだったと思う。

 漫画のラスト、いよいよイランの情勢が厳しくなり、主人公の少女マルジはたった一人、愛する家族と離れてウイーンに旅立つことになる。その前夜、ベッドの中で祖母が14歳の彼女に言い聞かせた言葉が、平成21年の日本であえいでいる44歳のわたしに、ずしんと響いた。

 この先おまえは、たくさんのバカに出会うだろう。
 そいつらに傷つけれたら、自分にこう言うんだ。こんなことをするのは、愚かな奴だからだって。そうすれば、仕返しなんかしないですむ。恨みや復讐ほど、最悪なことはないんだから・・・
 いつも毅然として、自分に公明正大でいるんだよ。

                    <マンガ「ペルセポリス」より>

[PR]
by etsu_okabe | 2009-08-05 17:11 | 日々のこと/エッセー

怪談の宴|9月12日開催

a0013420_1421395.jpg

来る9月12日(土)、東京にて怪談フェスティバルが開催されます。題して「怪談の宴2009」。
怪談専門誌「幽」のメディアファクトリー主催のイベントであるからには、もちろんわたしも参加します。
京極さんの怪談朗読が聞けてしまいます!! 恐怖で凍りつく前に、あの男前ヴォイスにとろけてしまいそうですが、まだ残暑にあえいでいるだろうこの時期、今夏のしめくくりにいかがでしょう。

出演 京極夏彦、木原浩勝、平山夢明、福澤徹三、加門七海
    安曇潤平、立原透耶、伊藤三巳華、黒 史郎、東 雅夫 ほか
美術 天野行雄(日本物怪観光)、山下昇平
主催 株式会社メディアファクトリー
日時 2009年9月12日(土) 開場15:30 開演16:00
会場 きゅりあん 大ホール




【チケット発売中】
チケットぴあ  0570-02-9999 (Pコード:397-652)
ローソンチケット  0570-000-777(音声対応) 0570-084-003 (Lコード:30016)
CNプレイガイド  0570-08-9999(オペレーター対応)
e+(イープラス)


詳しくはこちらをご覧くださいませ!⇒WEB幽
[PR]
by etsu_okabe | 2009-08-04 14:41 | 小説関連の活動など

喜びの名残り

a0013420_23492157.jpg いつかお会いしたいなあと思っていた人と、ついに会うことができた。
 思いが強すぎたのか、驚いたことに、このわたくし様が緊張した。
 どのくらい緊張したかと言うと、10種類近くの日本酒(全部大当たりのおいし過ぎ!)を飲んだというのに、ほとんど酔わなかったほど緊張した。量でいったら4~5合くらいだろう。わたしと飲んだことのある人なら分かるだろうが、こんなこと、ありえない。
 わたしはお酒は大好きだが、決して酒豪ではない。たいてい1合でいい気分になり、2合で完全に酔っ払い、3合飲んだらお喋りのスピードが上がって、4合飲んだら男女関係なく「初体験の話聞かせろ~」と絡み、5合飲んだら亡父の話か昔の恋の話で泣きだして始末に負えなくなる(いつも相手をしてくださるみなさん、すみませんね)。
 そんなわたしが、緊張のために、そうならなかったのだ!
 いや、家に着いたとたんにばったりベッドに倒れ込んだところをみると、本当のところは酔っ払っていたのだろう。うっふふふ、我ながら可愛いとこあるなあ。

 緊張したからといって、苦しかったわけではない。むしろ、嬉しく楽しく幸せな時間だった。相手が想像どおりの(いやそれ以上の)ナイス・ガイだったので、嫌われまい、好かれたいと思うオトメゴコロが緊張を呼んだのだ。こんな楽しい緊張もなかろう。

 この世の同じ時代に、同じ国に生まれ合わせても、出会える人はごくわずかだ。
 短い、たった一度の人生の中で、ただすれ違うだけだったかもしれない人とひょんなことで言葉を交わし、何年か後にこうして顔を合わせて同じ時間を過ごせたことに、わたしは今、静かに感動しています。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-08-03 23:57 | 日々のこと/エッセー
a0013420_2064691.jpg 先月の話になるが、コクーン歌舞伎「桜姫」を観た。
 ⇒あらすじはこちらから適当にお調べください。非常に複雑な筋なので、わたしには説明しきれません。。。

 このお話の中でわたしが最も心惹かれたのは、17歳の桜姫が、たった一度自分を手篭めにした盗賊の肌を忘れられず、男の体にあったのと同じ絵柄の刺青を自らの体に入れ、そのとき宿した子供を産み落としてひっそりと育てながら、顔も知らないその男を恋い慕い続けていたというエピソード。
 そりゃあ相手が橋之助だもん、無理もない・・・・・・って、んなわけなかろう! 橋之助だろうがベニチオ・デル・トロだろうが、レイプ男に女が惚れてしまうなんてことはありえない。無理やりでも女は気持ちよくなると思いこんでいる男の大バカ幻想は、こんな大昔からあったのか、こんちくしょー。鶴屋南北のトウヘンボク~~~!
 と、普段のわたしならここでプンプン怒って終わるのだが、そうはさせないのがこのお芝居のすごいところ。
 ひょんなことで再会した二人が刺青を見て相手を知り、これは懐かしいと再び肌を合わせるという、現実ならとんでもないシーン。ところが舞台上のこれがもう、ため息で窒息してしまいそうなほど、美しい濡れ場なのだ。
 大悪党の権助(橋之助)の、手練手管をこっち(観客)は知っているから、箱入りのお姫様(七之助)がやすやすと落ちていくのを「ああん、ばかばか!」とはらはら見守っているつもりが、気がつけば色男の熱い流し目、甘い口説きに自分もまんまと射落とされ、身悶えしながらハンカチの角を噛んでいる。もうっ、あたしのばかばか! だからダメなのよう~!!(以下省略)

 こっほん。
 それにしても「肌が忘れられない」とは、実に色っぽい言葉である。頭ではとうに忘れた男のことを、ふとしたことで体が思い出して切ながる。「ああ、分かる」と、そこここから女たちの声が上がったような(笑)。
 激しかったわりに通り雨のようにあっけなく終わってしまった恋や、先行きが初めから見えなかった後ろめたい恋など、これといっていい思い出もなければ自慢話にもならない恋愛でも、「肌が忘れられないのよね」と言ったとたんに、ぽおっと赤味がさしてくるから不思議だ。

 おぼこ娘のような桜姫も、案外この手で自分を慰めていたのかもしれない。本当は忘れたい真っ黒な思い出の暴行事件を、相手の肌を恋しがることでいい思い出にすり変えて、忘れてはならぬ証拠の刺青をしっかりその身に刻みつけ、会ったが最後がぶりと食らいつき、きっちりと恨みを晴らす。実際の芝居のストーリー展開は違うが、結局最後、桜姫は権助を殺すのだ。
 そう思うと、あの妖艶な濡れ場も、桜姫の憎悪と謀略の潜んでいることに気づいて、ぞっとする。あ、もちろんこれは、勝手なわたしの解釈ですけどね。

 桜姫にはもうひとつ、メインと言える僧侶・清玄(勘三郎)との物語がある。これもまた男色から始まって・・・・・・ああ、一度にこんな濃い話は無理。またいつかの機会に。
[PR]
by etsu_okabe | 2009-08-02 20:11 | 映画/芝居のこと