小説を書いたり、酒を飲んだり、恋をしたり|岡部えつ


by etsu_okabe

お腹よじれて秋の燗酒|女の一人酒場[2]

a0013420_12581714.jpg 一人酒場とタイトルをつけておきながら、2回目にして「二人」。
 先日、近所に住む友人(女)と、地元でひっかけた。
 酒を酌み交わせる親しい友達が近所にいるというのはいいもので、思い立ったときに「今から一杯どう?」のメール一本で、すっぴんもいとわず、場所も時間も「じゃ、テキトーに」で酒場に向かえるのがありがたい。
 これも、ふだん"一人酒場"をしているからこその「ゆるり感」である。誘って断られても、そのまま一人飲みに切り替えできるところが、一人酒場派の強みだ。

 道端で待ち合わせ、そこから近いという理由で、互いに何度か行ったことのある、日本酒専門の居酒屋へ行くことにした。
 夕暮れから肌寒くなったこの日、昼から出ずっぱりで薄着だったわたしは、一杯目から燗酒に。すすめられたのは『純米 農産酒蔵』という岡山の酒のぬる燗で、口に残る香りがとても気に入って、次に別のを飲んだあと、〆に再び頼んだ。
 肴は、転職して間もない友人の、新しい職場での驚きのエピソード。福祉関係の仕事なので、中身はヘビーなことばかりなのだが、事実よりも面白く語る天才である彼女は、これでもかとわたしの腹をよじらせる。決して馬鹿にしたり見下したりしているのではなく、しんどいことを笑い飛ばしてしまうのだ。
 人は、辛いことも苦しいことも、笑うことで乗り越える技を持っている。むすっと眉間に皺を寄せて横を向いてしまうか、しっかりと前を見て笑いながらそれに立ち向かうか、どっちがいいも悪いもないが、後者のほうが前へ進める可能性を秘めていると思う。そうであるならば、わたしは笑うほうを選ぶ。

 この日は結局、燗酒3合。体も心もほっかほかに暖まって、徒歩帰宅。いいな、近所。
[PR]
by etsu_okabe | 2011-11-03 13:47 | 女の一人酒場