小説家です|岡部えつ


by etsu_okabe

維新派「ろじ式」|世界中の路地を旅し、内なる路地宇宙を覗く。

 現在開催中の『フェスティバル/トーキョー』の演目、維新派『ろじ式』を観てきた。
「喋らない台詞、踊らない踊り、歌わない音楽」と言われる維新派のパフォーマンスがその夜わたしを引きずり込んだのは、怪しい「路地裏」の世界。
 子供の遊び場、大人の逃げ道、家庭ゴミの掃き溜め……路地が持つ様々な顔が、集団による舞踏と短い大阪弁センテンスの羅列とが刻む、緻密なリズムに乗って語られる。路地から路地へ迷い込む旅は、沖縄の島々やアジアの国々を経て、はるか南米にまでわたしを連れていってくれた。

 舞台上には何百個もの立方体の木枠があり、演者たちがそれを動かすことによって、場面が変わる。よく見ると木枠箱のそれぞれには、古代生物の骨から現代の日用品までの標本が納まっている。それは、時代が変わって家が変わって住む人が変わってもそこにあり続ける路地が、飲み込んできたものたちの集積なのだろう。
 そう考えたら、数年前に読んだ『アースダイバー』の読後感を思い出した。
 世界中へ続く「横軸」の路地旅と、過去へも未来へも続く「縦軸」の路地旅。それがこの「ろじ式」の世界だったのかもしれない。

 劇中には、タイトルから想起せずにはおれない、つげ義春(「ねじ式」ね)作品へのオマージュが、そこここに散りばめられていて、つげファンとしても、たいそうくすぐられた舞台だった。

 会場は廃校の体育館で、草むらの校庭には、まるで舞台装置のように芝居がかった屋台村が作られていた。これも維新派の名物だそうだ。
 観劇後のぽーっとした気分のままふらりと入り、赤ワインを鶏肉のねぎ塩だれでちびちびやりながら、「表現」について悶々と考える。ああ、誰か誘えばよかった。
 胸の辺りをドンッと突かれた一夜だった。


[PR]
by etsu_okabe | 2009-10-30 00:21 | 映画/芝居のこと